若々しいフェイスラインを取り戻す、3つのポイント。
年齢を重ねると、骨は細くなる。お顔の骨も例外ではありません。骨や皮下組織のボリュームロスが、お顔の表面にたるみやしわをつくります。不足したボリュームを補って、若々しいフェイスラインを取り戻しませんか。ほほ・あご・こめかみのボリューム補充でお顔の印象は変わります。

年齢によりフェイスラインが変化するメカニズムを知ってましたか?

  • 30歳から頭蓋骨は小さくなり、痩せていく。
  • ほほ・あご・こめかみのボリュームが減少する。
  • 結果として、皮膚にしわ・たるみが生じる。

不足したお顔のボリュームを補うことで、健康的で自然な、若々しいフェイスラインを取り戻すことができます。あなたも自分に自信が持てるフェイスラインを目指しませんか?

ハッピーになるために知っておきたい、3つのキーワードを順にひも解いていきましょう。

  • KeyWord1 ほほ・あご・こめかみ
  • KeyWord2 ボリューム減少
  • KeyWord3 トータルフェイシャルトリートメント

さぁ、あなたもハッピーフェイスラインに!

KeyWord1 ほほ・あご・こめかみ

「美しい顔」を考えるとき、女性が気になるポイントは・・・

お顔の美しさを追求するために重点的にケアしている部分

実際のところ、目に見えている肌やほうれい線だけでなく、
「美しい顔」には、その基礎となるフェイスラインが大切なのです。

目に見えているしわや溝、たるみだけが美しさを損なう原因だと思われがちですが・・・

ほほ・あご・こめかみに関する印象

ほほ・あご・こめかみが美しいフェイスラインのポイントです!

KeyWord2 ボリューム減少

美しい顔のための基礎であるフェイスライン老化によって崩れるのは「ボリューム減少」のせいでした!

フェイスラインの崩れに代表されるお顔の老化は、顔の骨や筋肉、脂肪が減ってしまうことによって顔面が垂れ下がり縮むために起こります。これを「ボリューム減少」といいます。

皮膚、筋肉、皮下組織、骨

「骨」も縮むって本当ですか?

加齢とともに骨は全体的に薄く小さくなり、こめかみ部分はへこみます。このことも、意外と知られていない事実です。

骨格の変化
お顔の骨量に関する事実

フェイスラインの崩れは、立体的に起きるボリューム減少が原因です!

その結果が・・・今、あなたのお顔に起こっているかもしれない老化現象です

若いときのお顔、加齢が進んだお顔

ボリューム減少の改善が「美しい顔」の鍵となります。しかし、そのための治療とはどのようなものでしょうか?

KeyWord3 トータルフェイシャルトリートメント

ほうれい線ができてしまった箇所に、ヒアルロン酸を直接打てばいいのでは?

いいえ、大切なのは、トータルフェイシャルトリートメントでボリューム減少を改善することです!

トータルフェイシャルトリートメントとは
「しわ・溝」や「たるみ」に直接打つだけでなく、原因となる部位やボリュームが減少した部位にヒアルロン酸を注入することでボリュームを補充し、顔全体を若々しくし、自然な美しさを目指す治療です。

治療の違いは?

ほうれい線への直接治療
ほうれい線への直接治療イメージ図
トータルフェイシャルトリートメント
トータルフェイシャルトリートメントイメージ図

仕上がりの違いは?

ほうれい線への直接治療

ほうれい線に悩みをお持ちの患者さんのための、ほうれい線だけを目立たなくする従来のスタンダードな治療法

ほうれい線への直接治療イメージ図
トータルフェイシャルトリートメント

ほうれい線が目立たなくなるだけではなく、全体的にリフトアップした印象をもたらし、若々しい印象を与える新しい治療法

トータルフェイシャルトリートメントイメージ図

ヒアルロン酸注入治療は、しわに直接アプローチする時代から、
お顔全体を考え立体的にアプローチする時代へ

美容医療にまつわる事実

もっと知りたい、進化した「ヒアルロン酸によるボリューム減少改善治療」Q&A

どのような製材を使いますか?
クリニックにより使用している製材は違いますが、日本の厚生労働省により効果・安全性において承認された製材もあります。
副作用はありますか?
治療後数日間は軽い頭痛や注射した部分に少し痛みが残る場合などがあります(個人差があります)。
健康保険は使えますか?
厚生労働省より製造販売承認を受けた製品ですが、病気の治療などを行う保険診療としては認められていないため、健康保険は使えません(自由診療)。
施術によって顔が不自然に見えるようなことはありませんか?
適切な部位に適切な施術方法で適切な量のヒアルロン酸を注入すれば、外観が変化し過ぎることや、不自然な仕上がりになることはありません。
ヒアルロン酸注入治療は手術でしょうか?
いわゆる外科手術ではありません。細い針の注射器でしわや溝の下、その原因となる部位にヒアルロン酸を少しずつ注入します。針を刺す際に多少の痛みはありますが、痛みが気になる場合には、注入前に麻酔や冷却を行って軽減することもあります。注入する部位と症状によって施術時間は異なりますが、1か所につき5〜10分前後が目安です。
ヒアルロン酸注入による治療のメリットは?
ヒアルロン酸は体内でも作られる成分のため、事前のアレルギー検査の必要がなく通院当日に治療を行えます。 手術を行わないので施術時間もダウンタイム*1も短いというメリットがあります。
効果はどのくらい続きますか?
治療後すぐに効果が表われ、2年程度*2続きます(個人差があります)。
*1 ダウンタイム:施術してから日常生活に戻れるまでの期間。 *2 ヒアルロン酸注入材の種類によって1〜2年程度

次はあなたがハッピーになる番です!

ハッピーになれるクリニックを探そう